M's Table

chibiusagi.exblog.jp ブログトップ

キャンドルナイト、かぞくの時間

梅雨入りしてジメジメ蒸し暑い日が続いたと思ったら
珍しい6月の台風で傘が壊れるほどの暴風雨
台風一過の翌日は、30度を越える猛暑・・・・・・
安定しない天候に翻弄され、うっかり21日の夏至の日を忘れていました。

毎年恒例のキャンドルナイト
夏至の日と冬至の日、夜8時から10時までの2時間、電気を消してスローな夜を・・・・・・・・・。
翌日の朝刊を見て、今年はスカイツリーもライトを消したんだね・・・・・って気づいて
我が家では、1日遅れのキャンドルナイトを過ごしました。

d0021146_16524677.jpg

家中の電気を消して、キャンドルの灯をともして・・・・・・・・・・・・
まず息子のカードマジックを 無理矢理見せられ 見せてもらい、
次に息子の熱唱(GReeeeNや福山雅治など)を 無理矢理聴かされ 聴かせてもらい、
その次に「みんなで大富豪やろう!」と 有無を言わせず強制され 息子に誘ってもらい
子供達とリビングのテーブルを囲んで団欒のひととき。
娘達からは「なんだかキャンドルナイトっていつもKくんのやりたい事につき合わされる日って気がする・・・・」
なんて、苦笑混じりの文句も聞こえてきたりはしましたが・・・・・・・・・・



d0021146_16525390.jpg


子供達が幼かった頃、“お母さん”って魔法使いみたいって思ってました。
勿論たくさんの魔法が使えるわけじゃありません。
使える魔法はただひとつ、子どもを笑顔にする魔法。
痛くて泣いている時、怖くて泣いている時、
「大丈夫大丈夫」ってギュッと抱きしめてあげるだけで子供はちょっと安心して、泣き止む事が出来たから。

子供達も大きくなって、ちょっと痛いくらいじゃ泣かなくなったし、
怖いといって泣いて親を頼ることも、これからはほとんど無いでしょう。
そのかわり、親の方が泣きたくなる事が増えました。
そんなとき「大丈夫、きっと大丈夫・・・」って魔法の呪文を唱えながら、自分の心をギュッと抱きしめてあげよう。
だって、母親が笑顔でいてあげないと、子供達はきっと、安心して自分の存在価値を信じることができないもの。

私の大切な子供達。
悩みも迷いも尽きないけれど、小言の種も尽きないけれど、
でも、みんな一緒の時間に、こんなにも笑顔が溢れてる・・・・・・・・・・だから、大丈夫、きっと大丈夫!
ちょっと心配なあのことも、とっても心配なあのことも、長い目で見れば全然たいした問題じゃない。

だって、一番大切なものが、ちゃんとここにはあるって、自信を持ってそう思えるから。
[PR]
by chibi-usagi_sweet | 2012-06-23 22:05
line

暮らしの中の             嬉しい楽しいおいしいを           たくさん集めて            笑顔計画推進中。。。          *みぃ*


by chibi-usagi_sweet
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30