M's Table

chibiusagi.exblog.jp ブログトップ

帰省します・・・・


昨日のランチは
リビングから見える公園の桜に誘われて、
ちょっぴり春色、春気分・・・・・
d0021146_1254235.jpg

チーズの蒸しパンは、スライスチーズを牛乳に煮溶かして生地に混ぜ込んで。
子供たちのお気に入りです。
パンケーキは久しぶりに登場のノルディックのデイジーの型で。
「可愛い~♪」の歓声が嬉しくて。

d0021146_1255733.jpg

デザートのいちご。
冷蔵庫に残っていたヨーグルトを水切りし、
やはり半パック残っていた生クリームと合わせて
いつもよりちょっとだけリッチなデザートになりました。


         ■□■ 今日から1週間ほど、広島の実家に帰省します。
               ちょとだけ留守にします。
              ブログもちょっと春休み・・・。
              4月に入ったらまたお会いしましょうね ■□■


その前に・・・・・・



子供たちがいると、どうしても学校の年度替わりが
家族の最大の節目になります。
だから 春休みの1日は、1年で1番一生懸命お片づけをします。
いつの間にか増えてしまった物、もの、モノ・・・・・・・
壊れたおもちゃ、かすれたマジック、きれいな空き箱、何かのオマケ・・・・・
なんとなく捨てそびれてとっておいたものも、
この日ばかりは「心を鬼にして」きっぱり捨てていきましょう。
モノを大切にするのはとても大事なこと。
でも、モノを持ちすぎない生活も大事だと思うから。
プリントの1枚1枚、テスト用紙、ノート、広告の裏の落書き・・・・・・
そのすべてに子供たちそれぞれの思い出が詰まっている気がして
普段はどうしても捨てられないのだけれど
「心を鬼にする」と決めたこの日だけは、躊躇してはいけません。
どうしてもとっておきたいものだけ選んで
「思い出ボックス」に仕舞って、他のものは思い切って処分します。

誰でもそうだと思うけど、お片付けって往々にして脱線してしまいがち。
懐かしいものが出てきてついつい夢中になってしまったり。
「ほらほら、遊んでないでちゃんとやりなさいよ~」って、
そっちの「鬼」も出現しそうですが。

それでも鬼になりきれない性分の私・・・・・
子供と一緒に懐かしい思い出に浸ってしまい、
作業が中断してしまうこともしばしば。
子供たちの教科書も、
みんな同じなのにそれぞれの名前が書いてあるのがいとおしくて、
結局捨てきれず、棚に押し込んでしまいました。
1人にひとつ、それぞれの「思い出ボックス」と名づけた大きめの衣装ケースも
ギュウギュウ満タン、ふたを閉めるのがやっとの状態・・・・・
「老後の楽しみよ」なんて冗談っぽく笑いながら、
こうやって増えていく思い出の数々が私には本当にかけがえのない宝物。
「心を鬼に」してお片づけに徹する日は、
心がほんわか温かくなる日でもありました。
[PR]
by chibi-usagi_sweet | 2008-03-28 00:52
line

暮らしの中の             嬉しい楽しいおいしいを           たくさん集めて            笑顔計画推進中。。。          *みぃ*


by chibi-usagi_sweet
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30